朝食は鶏ハムサンド 親子丼ランチ 夜は白ミル貝 de 握り寿司 かみさんのハイボールに完敗

最近、かみさんが鶏ハムをよく作る。
肉は勿論胸肉。高たんぱく低カロリー。
その鶏ハムとたっぷり野菜で
サンドイッチをつくってくれた。
大好きなマスタードタップリ。

ランチは私が。
名古屋コーチンの残り。
焼鳥にするには形の悪い端っこ。
これを細かく切る。
あとは椎茸スライス、椎茸軸のスライス、
玉ねぎスライス。

出汁づくりは超簡単。
日本酒、洗双糖、味醂、醤油、水。
ここに材料を入れて沸騰させる。

弱火にして蓋をしめる。

途中で溶き卵2個分加える。
蓋はずらして閉める。

あ、長く加熱しすぎたか・・・
やはり蓋は丼もの用の蓋を
合羽橋あたりで探した方がいいな・・・

かみさんの豚汁も一緒に。

美味しかった・・・

夜。
どうしてもミル貝が食べたくなってしまい・・・
スーパーで白ミル貝ゲット。
本ミルよりも大きくて値段も半分以下。
ま、本ミルは食べても1年に1回でいいかな。

かみさんはシフォンケーキ完成。
どうもそばにシフォンケーキが逆さまに
おかれていると落ち着かない・・・

そして阿部農園のこしひかりを炊く。
寿司飯用のお米は通常よりもぐっと水を減らす。
ネタのみならず寿司飯の出来栄えも寿司の旨さに重要なので
いつも水加減には気を遣う。3合なので2.3くらいの目盛に水位を合せた。
産地や生産者、米の種類によって調整が必要でいつも1度は失敗する。
炊きたてご飯を寿司飯にした。まあまあいい感じかな・・・

ミル貝のさばき方は
この方のYoutubeで習った。
こういう方達のおかげで家飯の幅が広がる。
感謝しています。

殻から外した状態。
水管は熱湯に15秒~20秒。
氷水に浸して冷えたら水気をしっかりとる。
するすると薄皮がむける。

肝と水管を分離。

寿司用よりちょっと大き目に切ってから
まな板に叩きつける。
そして握りに。

肝は半分に切って
丁寧に中の黒いのをとり、
よく水洗い。
鍋に日本酒と水。
沸騰したところに肝。
10秒ほどでオフにして
更に10秒ほどおき
氷水に浸し、冷えたら
水気をしっかりとる。
これを握りに。

肉厚の椎茸は焼き。
縦に切り込みを入れて握りに。
最後のイエローライムを添える。

かみさん大好物のカニカマは海苔巻。
マヨネーズ、白ごまたっぷりで、

かみさん作の鱈ポン酢、
かき菜のからし和えも添えて。
日本酒は栄光富士無濾過生原酒仙龍。
どれも極上に旨い。
ミル貝は養殖だろうけど、コリっと、より手前の丁度良い食感。
頬張ると口いっぱいに貝の風味が広がる。
ミル貝・・・やめられません・・・

しめ。
かみさんのシフォンケーキをおつまみに、
かみさんはMaker’s MarK、私はTailsker。
それぞれハイボールで。
今回、ハイボールづくりはかみさん。
なぜか、私がつくったものより旨い。
ハイボール担当は今後かみさんに決定。

私が2杯目とリード。
贅沢かなと思ったけど
Bowmoreのハイボール。
旨いな・・・ボウモア・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!